寺田ひろし板橋 BOARD BRIDGE

板橋の新しい明日に向かって、さまざまな思いや考えを皆さんと共有・発信していきます

サイボウズデイズ 働き方の多様化

幕張メッセで東証一部上場 サイボウズ株式会社が主催する

「Cybozu Days 2018」に参加してきました。

f:id:terada164:20181108231211p:plain

場内はまるでサーカス会場。

f:id:terada164:20181108231240p:plain

テーマは「楽しいは正義」。

残業なし、副業(複業)OK、育休6年など独特な働き方改革で有名な企業。

社員の個性と幸せを徹底して尊重した先に、多様化のパワーで企業体質の強化を実現した。

 

青野社長(左)と幸福学の慶応大学院・前野教授(右)による基調講演に参加。

f:id:terada164:20181108230843p:plainf:id:terada164:20181108230858p:plain

今の働き方改革は、生産性向上ばかりの「やらされ感」で効果は無い。

一人ひとりの「幸福度」を上げて属人でなくチーム全体として相乗効果を発揮するのが正しい、ということでした。

 

面白かったのは前野教授の幸福学↓

幸せな人は生産性が1.3倍になる。

不幸な人より3倍の価値を創造できる。

 

「幸福の条件」

金銭など他と比較できる『地位財』は短期的なものにすぎない。

健康・環境・心の『非地位財』こそが確固たる幸せの条件である。

 

『非地位財』の幸せな心は、4つの態様がある↓

1.主体的 夢や目標がある

2.強い楽観性

3.ありのままの独自性 自分らしく

4.感謝と利他的 皆のおかげ 自分以外のために行動

 

こうした「幸せな人」が、会社や社会に集積されて初めて良い相乗効果が生まれるとのこと。

 

特に、↑4の「感謝と利他」が幸せには欠かせない、との講演でした。

 

まさしく、私たちがずっと活動してきたことが、今、最先端の幸福学で証明されている、と思いました!

 

ちなみに海外の研究論文で、幸せな人は7~10年長生きするそうです。

まさに更賜寿命ですね。

 

f:id:terada164:20181108234732p:plain

次の「地域の若手起業家コンテスト」では、ゲストに千葉県 柏市の秋山市長が登場。

f:id:terada164:20181108234938p:plain

50才と若い市長だが、元コンサルタント。話しが大変上手で分かりやすかったです。

市の借金860億円を8年で解消。

なぜ商店街が廃れたか。地元密着のスモールビジネスが地域課題を解決できる。

役所の上手な動かしかた。特に役所の「キーマン」探しが参考になりました。

 

f:id:terada164:20181109000038p:plain

最後に、サイボウズの青野社長に挨拶。

最近のクセで、カメラにはガッツポーズ。

同じく習性で、熱い握手!

今回のイベントは非常に楽しく、1社単独の開催で数千人を集めてしまう凄さに刺激を受けました。

 

週刊アスキーのニュースでイベントの詳細が掲載されてます↓

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/421/421454/

 

 #Cybozu   #サイボウズデイ